ホーム > 病院について > 沿革・概況

沿革・概況

沿革

昭和31年2月
「町営穴水診療所」として開設 (病床数4床)
4月
「穴水町国民健康保険直営診療所」となる
昭和31年2月
「穴水町国民健康保険直営穴水中央病院」となる (病床数22床)
昭和33年10月
管理棟・診療棟・給食棟新築、旧診療棟を病棟に改築 (病床数56床)
昭和35年5月
伝染病隔離病舎の併設 (15床)
昭和36年10月
「上中診療所」開設
昭和38年4月
国民健康保険直診施設「兜診療所」開設
昭和39年6月
救急医療指定病院となる
11月
新病棟竣工~鉄筋コンクリート3階建~
昭和40年4月
「穴水町国民健康保険穴水中央病院」と名称変更
一般病床数106床、結核10床、伝染病15床となる
昭和42年4月
「公立穴水中央病院」と名称変更
昭和54年10月
伝染病隔離病舎廃止
11月
一般病床54床増床
一般病床数160床、結核10床:計170床となる
昭和55年11月
「住吉診療所」開設
昭和56年10月
「公立穴水総合病院」と名称変更
昭和57年3月
リハビリ棟完成、管理棟改修工事完成
へき地中核病院指定
4月
公立穴水総合病院増改築工事竣工
昭和58年4月
上中診療所廃止
5月
結核病床10床を一般病床に変更、170床となる
昭和61年12月
透析センター新築工事竣工(ベッド数15床)
昭和62年4月
透析センター開設
平成6年12月
老人保健施設新設
7床増床して177床となる
平成7年12月
老人保健施設「あゆみの里」開設
平成8年12月
病院増改築工事完成
平成10年4月
在宅医療開始
5月
自治体立優良病院自治大臣表彰
10月
リハビリ棟改修
平成11年2月
オーダリングシステム導入
平成12年4月
介護保険指定事業所となる
介護老人保健施設「あゆみの里」として指定事業所となる
平成20年3月
77床減床して100床となる
平成22年8月
金沢医科大学能登北部地域医療研究所が病院内に設置される

概況

名称
公立穴水総合病院
住所
石川県鳳珠郡穴水町字川島タ-8
TEL・FAX
0768-52-0511 ・ 0768-52-0356
敷地面積
22,062.00m²
構造
鉄筋コンクリート
病床数
100床
設備
1.5T核磁気共鳴診断撮影装置(MRI)
64列コンピューター断層撮影装置(CT)
核医学診断撮影装置(RI)
X線骨密度測定装置
電子内視鏡システム
看護部 能登北部地域医療研究所能登北部呼吸器疾患センター 関連施設