ホーム > 病院について > 院長あいさつ・理念・基本方針

院長あいさつ・理念・基本方針

院長あいさつ

病院長

病院長
島中 公志
しまなか こうし

「誇り」

能登の風土は美しい。
そこに住む人々は輝いている。
金沢から一番近い奥能登の玄関、それが穴水町。
東京から飛行機で1時間、都会とはまるで別世界が広がる町。

公立穴水総合病院は、昭和中期より能登の人々の命を守り続けています。
医療人として患者さんの命を守るだけではなく、
われわれも、患者さんもご家族も「感動」を経験できる。
患者さんの元気になる姿だけではなく、
ご家族の安心した笑顔を見て、われわれも「ハッピー」になれる。
この病院は、「感動」と「ハッピー」であふれています。
たとえ患者さんの命のともし火が消えようとしても、
われわれが医療の限界をまざまざと感じたとしても、
能登で育った人は、ここで最後を迎えて良かったと思っています。
やさしい能登の土にもどれる事を心から願っているのです。
その手助けをすることもわれわれの使命でしょう。

身体と心が運動によって鍛えられるように、
われわれの精神力が医療職を通して成長していく。
運動で流す汗がさわやかさをもたらすように、
この病院は、われわれにとって癒し空間ともなるでしょう。

現在、高齢化率40%を迎えようとしている穴水町。
今この時に、日本の・・あるいは世界の最先端を経験している町。
ここでおこなっている医療が、
未来における、世界標準の地域医療ということになるかもしれない。
われわれはこの病院で働けることを誇りに思います。

理念

患者さんの命を全力で守ります。

基本方針

  1. お年寄りのみなさんを大切にします。
  2. 輝く笑顔と親切でみなさんをお迎えします。
  3. 命をまかせてもいい人間になります。
  4. 職員一人ひとりが勤めてよかったと言える病院を創ります。
看護部 能登北部地域医療研究所能登北部呼吸器疾患センター 関連施設